17FW_CI_RALY_W

RALY W

chic injection

17fw_raly_w_style217fw_raly_w_style117fw_raly_w_style3
当社で1966年から導入されたダイレクトインジェクション製法。その生産効率と耐久性の高さから厳しい基準を求められるスクールシューズなどの生産に使われ、当社において重要な製法の一つとなりました。日本では生産効率の高さばかりに注目されがちですが、ソール成型とアッパー接着を同時に行うことでラスト形状を忠実に反映することができ、他にはないフィット感を実現できる製法です。そのため海外では「靴下に底をつけた靴」とも呼ばれていました。”CHIC INJECTION”ではそのフィット性と独自開発したソール素材により、ダイレクトインジェクション製法の新たな可能性を提案します。

“CHIC INJECTION”第3弾となる”RALY W”はアッパー素材にモールスキンを使用しています。この素材はやわらかな風合と上質な肌触りが特徴の厚手の綿織物で保温性に優れています。